社畜のPUBGモバイル奮闘記

こんにちは!がちむちです!PUBGモバイルの奮闘記や育児のことだったりをつらつら書きます。

PUBGモバイル PMJLで感じたプロチームやアマ強豪との差

前の記事で感想とか経緯とか書いたけど、具体的にみんなどう強かったのかを書いてみるけど、うまい人達には、なんの参考にはならないと思ふ。

試合慣れ

まずは自分たちが慣れてないっていうのはスクリムなんてほとんど出てなかったのでわかってはいましたが、ここまで差が出るとは思わなかったです。(10ラウンドぐらいで1回ぐらいはワンちゃんと思ったけど、全然無理だった)
アンチの見方やスポット、移動など、あらゆる面で経験不足以上に何かが足りないとを感じました。
撃ち合い以前のアンチやポジションのとり方が全然できておらず、言ってしまえば、撃ち合う前に終わっている感じでアンチ際で戦闘せざる得ない状況にされることや、アンチ内に入るところを狙われるなど、何試合かろくに射撃すらさせてもらえない試合もありました。

撃ち合い

自分の感覚では、とにかく一瞬で4v4が終わります。classicみたいに時間がかからないです。
勝つときも負けるときも本当に一瞬だなと思いました。(離脱がいれば、話は別だが)
ワンダウン入れられたら間髪入れず凸られるし、凸る時のカバーとかよくある米軍の突入シーンみたいに、強いチームほど、詰める移動の瞬間からカバーが徹底されており、圧倒されてました。

他にもキルパクやアンチ外ムーブや漁夫など上手いチームほどそんなところから出てくる?どうやって射線通した?wwみたいなことばかりでした。 あとは、飛びっ子(グレ)の使い方が異常でした。ピンポイントですぐイッちゃいました。

ガチの試合の中盤から後半

本当に考えないといけないことが多く中盤から終盤にかけて60名ぐらい生存しているのが、一気に20名ぐらいまで、消えることもザラなので、情報が大渋滞しつつアンチ/接敵している敵などの対応を行わないといけないので、そういったことが考えられる脳みそにならないと、いい試合にすらならないなと思いました。
中盤から終盤までは本当に脳イキ状態がずっと続く気がしました。

これ以外にもの書くと本当にキリがないのでこの辺にしておきます。

キモチィィィィ!!!!!